PAGE TOP

CONTACT

夢!きらリンク愛知国体

Competition summary
大会概要

第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会
(ショートトラック・フィギュア)・アイスホッケー競技会
大会概要

1.目的

大会は、広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力の向上を図り、併せて地方スポーツの推進と地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かにしようとするものである。

2.主催

公益財団法人日本スポーツ協会、文部科学省、愛知県、公益財団法人日本スケート連盟、公益財団法人日本アイスホッケー連盟、名古屋市、豊橋市、長久手市

3.会期

2021年1月27日(水)~1月31日(日)の5日間

4.参加者

47都道府県 約1,500人

5.日程及び会場

日程及び会場

6.テーマ

テーマ

前回愛知県で開催された第67回国民体育大会冬季大会のテーマ「ゆめリンク愛知国体」が覚えやすく親しみやすい言葉だったため、前回大会からのつながりを大切にし、さらに今大会でも選手たちがリンクの上できらりと光るようにと願う気持ちが込められています。

(作者)千葉県千葉市中央区 仲島 儀仁(なかじま のりひと)さん

7.スローガン

スローガン

「rink:スケートリンク」と「link:繋がる」の語意をかけ合わせました。未来へ繋がるような感動が今大会から生まれることを願う気持ちが込められています。

(作者)北海道 佐藤 好恵(さとう よしえ)さん

8.シンボルマーク

シンボルマーク

愛知の「A」をモチーフにデザインしました。黄がショートトラックのスピード感、赤がアイスホッケーの攻め込む強さ、青がフィギュアスケートの冷静さ、柔軟さをイメージして配色しました。青の右側は、軌跡でリンクを表現しました。中心に国体のマークを配置することで、全国から愛知へ集うことを表しています。

(作者)長崎県西海市 冨永 明日香(とみなが あすか)さん

9.公式ポスター

公式ポスター

都市型のスポーツ大会として、現代的でスマートなイメージを表現しながら、前回愛知大会における「選手のシルエットなど、固定的・具体的なイメージを与える造形はあえて使用しない」という造形方針を踏襲しました。
選手たちの格調高い精神とバランスよく発達した身体能力を、「氷の結晶」をモチーフとしたシンボルとして象徴的に表現した作品です。背景色を青色にすることでシンボルが白く浮き上がり、冬季大会としての冷涼なイメージが強調されています。

(作者)愛知県立芸術大学 佐藤 直木(さとう なおき)准教授

Follow Us!
公式SNS

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram